*

デリケートゾーンのかぶれ問題

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 デリケートゾーン

デリケートゾーンのムレとかぶれ

顔や体に乾燥や吹き出物、黒ずみなどの悩みが出るように、デリケートゾーンにも様々な悩みが複合的に出てきます。顔や体の悩みやお手入れ方法は人に相談出来ても、デリケートゾーンの悩みはそうそう人に相談出来ません。女性の抱えるデリケートゾーンの代表的な悩みは、ムレとかぶれです。

ムレ、かぶれの原因

デリケートゾーンのムレとかぶれの原因
・構造上ムレやすい
デリケートゾーンは、おりものなどの分泌物の多い場所です。皮膚構造も複雑で、皮膚と皮膚が折り重なった状態になっています。常に下着に覆われている場所でもあるので、通気性が悪く、常に湿気がたまりやすい状態になっているのです。生理中や夏場のデリケートゾーンは特に過酷で、いつも以上に湿度の高い状態になっています。

・下着やストッキングの着用
ガードルやストッキングは化学繊維でできている上、締め付けがきついので、デリケートゾーンをムレさせる大きな原因となります。下着は通気性の良い天然素材のものにし、ガードルやストッキングは必要最低限の装着にすると良いでしょう。ムレてかゆみが出てしまっているときは、ストッキングを履かないだけでもかゆみの度合いや不快感が全く変わってきます。

・おりものシートやナプキン
衛生対策として使用しているおりものシートや生理用ナプキンは、ムレだけでなく雑菌の繁殖の原因にもなってしまいます。使用する場合はこまめに交換し、ムレた状態が長く続かないように気をつけましょう。

ムレ、かぶれの解決法

デリケートゾーンのムレとかぶれの解決方法
解決するためには、清潔と通気性の良い服装を心がけることが一番です。女性の中でムレとかぶれを一番感じるのは生理中ではないでしょうか?生理中のムレとかぶれには、生理用品の見直しが一番です。私も、長年生理中のムレとかぶれに悩まされていました。無意識にかいてしまって、デリケートゾーンを傷つけてしまうことも多々ありました。そこで、生理用品の見直しをすることに決めたのです。市販の生理用品、タンポンやナプキンの使用を止めて、布ナプキンと生理用カップを使用することにしました。布ナプキンはオーガニックコットンでできているので肌に優しい上、こまめに取り替えるようになるのでムレを感じることがなくなります。また、化学素材が肌に触れないので、かぶれてかゆくなったり、痛くなったりすることもなくなりました。外出先では、経血を溜めるカップを膣内に挿入しておきます。タンポンのように経血を吸収するのではなく、医療用シリコンで作られたカップに経血が溜まるようになっているのです。

まとめ

この二つを生理中に使うようになってからは、デリケートゾーンの不快な症状が現れなくなりました。布ナプキンは洗うのに手間がかかりますが、コスパも良く肌に優しいことが十分に実感出来るので続けられています。生理用カップも同じく、煮沸消毒することで繰り返し使える上、生理中であることを忘れてしまうほど快適に過ごせます。

関連記事

no image

デリケートゾーンの洗い方!?

デリケートゾーンを洗う 女性にとって、デリケートゾーンの悩みはつきないものです。臭いやムレ、か

記事を読む

no image

デリケートゾーンのムレ

デリケートゾーンの問題 女性なら誰もが一度は、デリケートゾーンのムレやかぶれに悩んだ経験がある

記事を読む

no image

デリケートゾーン用石鹸

デリケートゾーン用石鹸 顔は顔用の洗顔料を使って、体は体用のボディソープを使って洗うのが、女性

記事を読む

no image

デリケートゾーンかゆみの原因とは??

デリケートゾーンのかゆみとは デリケートゾーンのかゆみは、女性であれば誰もが一度は経験したこと

記事を読む

no image

デリケートゾーンのかゆみ対策は??

「かゆい」「かゆい」と思うとかゆみはひどくなっていきますし、かゆいからとかきむしってしまうと、かゆい

記事を読む

no image
すそわきが??

すそわきがってなに? すそわきがとは、デリケートゾーンのわきがの

no image
デリケートゾーンのかぶれ問題

デリケートゾーンのムレとかぶれ 顔や体に乾燥や吹き出物、黒ずみな

no image
デリケートゾーンのムレ

デリケートゾーンの問題 女性なら誰もが一度は、デリケートゾーンの

no image
デリケートゾーン用石鹸

デリケートゾーン用石鹸 顔は顔用の洗顔料を使って、体は体用のボデ

no image
デリケートゾーンの脱毛情報

デリケートゾーンの脱毛 デリケートゾーンの脱毛の話題は、女性たち

→もっと見る

PAGE TOP ↑